みらいエフピー株式会社は、事業承継・M&A・事業提携、資金調達・資金繰り対策・企業再生(事業再生)からスポンサー選定などについて、
緊急のご相談・各種財務的な難題に弁護士、公認会計士と連携したプロフェッショナル・チームが総合的に対応致します。

企業再生やM&Aのアドバイザリー・サービス及びそれら案件への投資からIPOコンサルティングまで経験豊富なスタッフの紹介をします。

スタッフ一覧

代表取締役社長 中津 康雄
事業再生実務家協会正会員・宅地建物取引主任者
専務取締役 渡邊 昭一
事業再生実務家協会正会員
執行役員 FAS1部長 畑澤 昭範
ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者
監査役 玉澤 健児
公認会計士・税理士
顧問 米井 靖雄
公認会計士

スタッフ経歴

代表取締役社長 中津 康雄

事業再生実務家協会正会員・宅地建物取引主任者

近畿大学卒。野村ファイナンス株式会社において、審査・総合開発部次長として、数多くの高額融資案件の審査・回収・保全に取組み、約5000億円無税償却プロジェクト実施リーダーを努める。その間、法務省等と協調し、日本初の電子登記制度の運用過程に関与し、債権譲渡登記の第1号2号申請を行う。また、信販会社のMBO、企業再編等に係わる数多くの案件に関与した。
その後、未来証券株式会社(現みらい證券株式会社)において、日本で第1号の本格的な未上場株式のセカンダリーファンドの立ち上げに尽力し、ファンド設立後は、責任者として、数多くの投資先の資金調達の支援、M&A・事業再編・事業承継・企業再生を主導する。
2002年より監査法人トーマツのコンサルティング子会社において常務執行役員として、数多くのM&A・財務指導に関与する。M&A・企業再生においては、過去150社以上の経験と実績を有し、2007年より、みらいエフピー株式会社代表取締役に就任し、M&A・事業再編・事業承継・企業再生の専門家として活動中。

専務取締役 渡邊 昭一

事業再生実務家協会正会員

国際基督教大学卒。野村證券株式会社金融法人資金運用部にて金融機関向けトレーダーとして従事後、野村ファイナンス株式会社において、業務企画部、財務部営業本部付において、経営管理全般及び資産流動化などの金融商品の開発に従事。また、日本相互証券株式会社において、日本初の株式市場外取引(PTS)システムの立ち上げに携わる。
2000年度より、未来証券株式会社(現みらい證券株式会社)に合流し、日本第1号の未上場株式のセカンダリーファンドのマネージメントメンバーとして参画し、投資先の抱える問題に対する解決策のスキーム構築・企画・立案に貢献する。その後、監査法人トーマツのコンサルティンググ子会社においてゼネラル・マネージャーとして、数多くのM&A・企業再生案件に関与する。M&A・事業再編・事業承継・企業再生においては、過去数多く案件での経験と実績を有し、2007年にみらいエフピー株式会社取締役に就任し、M&A・事業再編・事業承継・企業再生アドバイザリーや資金調達のスキーム構築に従事する。

執行役員 FAS1部長 畑澤 昭範

ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者

横浜市立大学卒。野村ファイナンス株式会社にて、営業、審査、回収の基礎を学んだ後に、ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンへ転職。その後、約10年間に渡り、数百社を超える財務リストラクチャリング・企業再生案件を担当してきた。
ディストレスト・ローンを中心とした債権の管理回収業務に精通し、大手銀行との合弁サービサーでは、取締役として事業再生型の回収スキームを推進。数多くの現場に則した企業再生実績を有する。

監査役 玉澤 健児

公認会計士・税理士

慶応義塾大学商学部卒、1973年東京国税局に国税専門官として入局。1984年公認会計士登録。1984年国税庁を退職し、監査法人サンワ東京丸の内事務所(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所、1988年~1990年ニューヨーク事務所に勤務。1990年デロイト トウシュトーマツ勝島敏明税理士事務所入所(現 税理士法人トーマツ)に転籍。2001年に玉澤健児税理士事務所を開設(現任)、その他上場会社等役員を歴任。2019年8月より、弊社監査役。

顧問

米井 靖雄

公認会計士

外資系会計事務所を経て、1996年に公認会計士米井靖雄事務所を設立して独立。
財務調査業務を中心に、企業の資金調達・IPO準備支援からM&Aスキームの組成、事業再生計画の策定、民事再生法申請会社の業務支援まで幅広くコンサルティング業務を手がける。

ページトップ